アラフィフはお荷物世代ではない。

アラフィフに向かう薬剤師の資格を持ちながら全く違う世界で仕事をしているサラリーマンが今のぬるま湯から抜け出し模索する有様を綴ります。副業、起業、漢方薬、健康のなどなど

大企業病【夕食断食4日目】

こういうブログを始めてみると、
自分本体だけだと世間からまったく相手にされていないことが分かる。
自分の職業を明かしている個人アカウントはある程度盛況だが、それは私ではなく会社を見ているから。
その会社の人間でなければ、
その人たちは相手にしてくれるか甚だ疑問である。
世間でいう華やかな世界にいるであろう私は
そんな世界から脱却したいと日々思っている。
そこに甘えていれば、定年までいい給料はある程度もらえるだろう。
そんなのでいいのか、、、
バリバリ動ける日々は刻々と失われている。
ほかの連中のように会社にはしがみつきたくない。
自分の人生は自分のものなのだ。
本を読んで、人に会って、気づいたことを組み合わせて紡いでいきたい。

と空腹に耐えながら夜思う。

体脂肪率は17から15%まで落ちました。