アラフィフはお荷物世代ではない。

アラフィフに向かう薬剤師の資格を持ちながら全く違う世界で仕事をしているサラリーマンが今のぬるま湯から抜け出し模索する有様を綴ります。副業、起業、漢方薬、健康のなどなど

下戸の私が大好きな 広島の極上喫茶店ベスト3

私はお酒が飲めない。

ビール一杯飲むと
①赤くなる
②吐く
③青くなる
④頭が痛くなる
⑤寒気で震える
こんな魔の五段活用が待っている。

下戸からすれば(被害妄想かもしれないが)
世の中は酒が飲めることが前提で回っていると思う。

たとえば・・・
「今夜飲みなんです。」
というと、「飲まんやつが飲み言うなや。」と突っ込まれる。

酒の場でみんな酔っ払って裸になることが
営業時代あったりしたものだったが
飲まない私はしらふで服を脱いでいた。

場末のスナックで
下っ端は水割り担当だったが、
飲めないから濃さがわからず、
目分量で入れると
「薄い!」「今度は濃すぎる!」とよく怒られた。

そんなこともあり私は
酒がない世界「喫茶店」が好きになった。

ということで。。。。
最後に、格別の雰囲気を持った3つの喫茶店を紹介して
エッセイを終わりにしたい。
(えらそうにすみません)

中村屋広島市中区

f:id:non_alcohol:20190115211756j:image
f:id:non_alcohol:20190115211751j:image

広島市中区土橋電停前にある。
一見普通の喫茶店だが、中に入ると異空間でとにかくびっくりする。
教会のようなたたずまい。
いまだとなかなかお目にかかれないシャンデリアも見事。
お店の歴史は60年。老夫婦が経営している。
お忍びのカップルが密談をするのにぴったりな場所。
小さいスペースだが無料駐車場もあるのもうれしい。
(ただし一台しか停められない)

②カフェモンク(広島市中区

f:id:non_alcohol:20190115212033j:imagef:id:non_alcohol:20190115212037j:image
広島市中区三川町にある。
バッハをこよなく愛するマスターが一人で経営する喫茶店
店内は、バイオリン・チェロなどの楽器、楽譜、バッハの肖像画などが飾られ
BGMはもちろんバッハオンリー。
マスターひとりでやっているので、
たくさんの人数で、違う種類のコーヒーを頼むとなかなか出てこない。
深夜2時まで営業していて流川も近いが、ここにはお酒はないのでご注意を。
個人的にはレアチーズケーキがおすすめ。

③洋酒喫茶 貝の店ロダン尾道市

f:id:non_alcohol:20190115212353j:image
f:id:non_alcohol:20190115212349j:image

尾道市商店街のはずれ、久保町にある。
場末感たっぷりの場所なので
入るのにとても勇気がいる喫茶店
たくさんの貝と亀や魚の剥製がお出迎えしてくれ
変なおもちゃや年代物の蓄音機など
なんでこんなものがというものがごちゃごちゃあるディープワンダーランド。
古い音楽をこよなく愛し、貝の収集が趣味の老夫婦が経営している。
ご主人は耳が遠いがとてもいい人。

 

どの店も昭和の匂いが残っていて日常を忘れさせてくれる。
たまにはお酒を忘れて、現実逃避しに
ふらりと喫茶店に寄ってみるのはいかがですか?