アラフィフはお荷物世代ではない。

アラフィフに向かう薬剤師の資格を持ちながら全く違う世界で仕事をしているサラリーマンが今のぬるま湯から抜け出し模索する有様を綴ります。副業、起業、漢方薬、健康のなどなど

人工的に流れ星が・・・⁈

夢があるのかないのか

くだらないのか、壮大なのか・・・

昔、カープが弱い時期に3万人のファンが一体となって

マツダスタジアムでウチワで扇いでホームラン風を起こそう!

なんて企画があったことを思い出す。

そう考えると、くだらないけど壮大なことを追い続けるのは素敵なことなのかも。

実際に瀬戸内にたくさん流れ星が流れたら感動するんだろうな・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000025-asahi-soci